皆さま、こんばんは。
毎日セルフクレンジングのコクブンノブエです!
本日もご訪問頂き、ありがとうございます。

雨が降る度に、ぐんぐん寒くなっていきますねぇ。
洋服もすっかり上着を着こむ季節です。
毎シーズン、衣替え出遅れがちな私も……
さすがにもう秋モノですね(^^;

四季に合わせて枚数を変える洋服ですが、
一年中ハダカなのは”顔”です。

毎日スキンケアをしている女性は薄々気が付いていると思いますが^^、
体中の皮膚の中で一番皮膚(角層)が薄いのは”顔”なんですっ。

不思議ですよね・・・
年中ハダカで、
冬は乾燥するし、
夏は紫外線が一番当たる顔なのに、
一番皮膚が薄い。

このブログで何度も書いていますが、
顔には五官(目・鼻・耳・舌(口)・皮膚)が備わっています。

そうなんです、
皮膚を薄くして五官の感度を高めている、と言われています。

皮膚感覚を敏感にすることで、他の4つの感覚についても鋭敏にしたり、
その逆で、皮膚(触覚)以外の器官から受容した感覚が脳に伝わって、
そして皮膚表面に症状として現れたりします。
気分が良ければ艶々で、ストレスがあればカサカサとか。
(↑ざっくり言うと)

※その場の空気を感じず、図々しい人のことを"面の皮が厚い"
なんて言ったりりますよね。
自分の意思で堂々とそう振る舞うのは良いと思います^^。

そして、顔の角層は薄いだけでなく、
表皮のターンオーバー(新陳代謝)も他の部位よりも速いそうです。
常に新品の状態を保とうとしているんですっ。

人間には進化の過程で体毛がほとんどなくなりましたが、
体中に毛があるチンパンジーやゴリラでさえも、
顔には毛がないですね。

20160531-00058321-roupeiro-000-4-view
動物学者の中には、
顔に毛がない理由を「性的ディスプレイとして目立たせるため」
と解釈している人もいるとか(☆゚∀゚)

やはり顔の皮膚感覚を拓いて、
自分の五感を大切にケアしたいものです。

今は、ネット社会とか、AI時代と言われ、
視覚、聴覚が優位な世の中ですが、
皮膚感覚(触覚)と相互に作用することで、
もっともっと社会との繋がりを感じられるんじゃないかなぁ、
と個人的に感じています。

皆さんも、瞑想するように洗顔して、
気持ちを込めてスキンケアしてみてください。
人間にとっても性的ディスプレイですっ!
^^。


では、また。